【おすすめ漫画紹介】「最後のレストラン」

シェアする

「最後のレストラン」

「人生最後の食事に何を食べたいか」
誰もが一度は考えたことがあるだろう、この疑問を漫画でやってくれたのが「最後のレストラン」になります!
この漫画の面白さは死ぬ間際の偉人たちが現代のレストラン「ヘヴンズドア」に迷い込んで「最後の晩餐」に無理難題をふっかけてくるところです。
無理難題に料理で応える主人公:園場の料理も大したものですが、意外と知られていない偉人たちの最後を知ることができて面白い!

出てくる偉人たちも「織田信長」「マリー・アントワネット」など誰もが名前を知っている存在ばかりです。
珍しい人?たちとしては「忠犬ハチ公」も客として来店したり、「切り裂きジャック」のような捕まっていない犯罪者も登場します。
これだけ色々な人物を登場させられるあたり、日本らしさを感じたり。

それぞれの登場人物たちの生き様や今までとは違う側面を知れます。
歴史好きな人にはたまらない内容の漫画です。
ですが、歴史が苦手な人にこそ読んで欲しい!

マンガですし、死ぬ間際ということで全盛期から死ぬまでの流れが簡単に説明されています。
その上、無理難題を解くためにその人物内面をするためのお話まででてくるという徹底ぶり。
この漫画を読んでいると歴史上の登場人物でもすごく身近に感じられます。
偉人一人一人の人生に触れることで感動もするし、爆笑もできるという凄い漫画!

偉人たちは料理の対価に何かを置いて、死地へともどっていくのですが、そのラインアップも凄いです。
なんたってあの「関羽」が「青竜偃月刀」を置いて行ったりしてますから。
これだけ偉人たちが来ていると言うのに、料理を実際に作っている園場は偉人たちが本物だと気づいていません。
「偉人のモノマネをしている人」という認識で料理を作ってます。
そこまで鈍いと逆に凄いと思わざるを得ませんね。
その認識で偉人を納得させる料理を作れる園場は、凄腕の料理人なのかもしれません。

園場以外のスタッフも個性的です。
女子高生バイトなのに胆が据わっている「有賀」や偉人について驚異的な知識を誇る「前田」がいたりします。
彼女たちのおかげで園ばも料理をつくることができるわけです。
その他にも途中から加わる「ジャンヌ・ダルク」だったり、「安徳天皇」がいたり。
「死の間際の料理」というシリアスなものを扱っているはずなのに、暗くなりすぎず、コメディに描いています。
一度読みだすと止まらなくなるくらい引き込まれました!
歴史好きな方も、そうでない方も一度見てみてください。