【おすすめ漫画紹介】「スラムダンク」

シェアする

「スラムダンク」

バスケットボール漫画の金字塔といえばこの作品!
「スラムダンク」
1990年に連載が開始され、完結したのは1996年と30年近く前の作品であることに驚きを禁じえません。
スラムダンク以前にもスポーツ漫画はありましたし、スラムダンク以後にも当然あります。
スポーツ漫画には、リアルな作風と超人的な能力が入ってくる作品など色々な作風がありますが、今のところ「スラムダンク」を越える衝撃で読めたスポーツ漫画はないです!
今でも幅広い世代に愛されている「スラムダンク」のあらすじなんて大抵の方が知っていると思いますが念のため。

主人公:桜木花道が赤木春子に一目ぼれをしたことを切っ掛けにしてバスケットボールを始める物語になります。
筋金入りの不良で、バスケはまるきり素人だった花道が、ぐんぐんと才能を開花させ、成長していく姿が描かれています。
それと同時に弱小バスケ部が段々強くなっていく過程に目頭が熱くなります。
何よりもっとも熱いシーンで完結しているのが素晴らしい!
真正面から感動を与えてくれる素晴らしい作品です。
その後が気になるところではありますが、そこは作者さんの気分にお願いするしかなさそうです。

スラムダンクでまず目を引くのは井上雄彦先生の画力の高さ!
今でも「バカボンド」を連載されている先生なのですが、漫画家の中でもリアルな描写は群を抜いています。
特に花道たちバスケ部員の肉体やバスケ特有のぶつかり合いの表現、汗の雫さえリアル!
マンガってここまで描けるんだと衝撃でした。
美術の先生がリアルな描写の際に井上先生の漫画を持ってきて見本にしろと言われたこともあります(笑)

そして、何より熱い展開の連続します。
花道が素人からグングン成長するのも、練習や試練があってこそ。
最初は春子目当てに頑張っていたはずなのに段々とバスケが好きになり、努力する姿は忘れていたものを思い出します。
年代が古いマンガなので、どうしても不良も年季が入って物を感じます。
昔のチャラくない硬派な不良を思い浮かばせて、カッコよさを感じる場面も。
インターハイ予選が始まる頃には誰もが引き込まれて漫画を読む手が止まらなくなってますよ。

「スラムダンク」は読んだことがない人でも、知っている場面が必ずある漫画です。
懐かしく思いながら読んでみるのも面白いですし、もし読んだことがない人がいたらぜひ一度読んでみてください!
夏の暑い季節に読むと無性に運動したくなるマンガですので、天候と体調にだけご注意ください(笑)